女性用風俗とは?

女性用風俗を安心して無料体験いただけます。
安全で安心な女性用風俗の無料体験

女性用風俗に興味があるけれど、実際に利用するのは躊躇してしまう、というのが多くの女性の自然な気持ち。私たちは、お客様にとっての、二つの安全とひとつの安心を大事にしています。それは、身体の安全とプライバシーの安全、それに望まないことはされないという安心です。どちらも、当たり前のことなのですが、その当たり前の常識を共有できるのか、ネットの情報だけで判断は難しいですよね。ですので、わたしたちは、施術の前にご説明させていただき、そのうえでご利用なさるかお決めいただいています。ご説明だけでお帰りいただくことも自由です。いつでも、どの段階でも引き返せる、その自由がお客様には常にあります。

私たちの無料体験を初めてご利用なさる女性のなかには、
「怖いので防犯ブザーを持ってきました」
「危ないと思ったらすぐに走って逃げれるようにパンプスに履き替えて来ました」
と。施術が終わった後に、笑いながらお話ししてくださった方もいらっしゃいます。もちろん、実際にパンプスで走って逃げた方もいませんし、防犯ブザーを使った方もいません。私たちは女性に安心してご利用いただける女性用風俗としての無料体験エステをご提供しています。

私たちはアロマテラピーのボランティアサークルとして長く活動してきましたが、アロママッサージとあわせて女性向けの性感マッサージを体験したいというご希望もいただくことが多くなってきました。そこで、性感というものも癒しの一つとして捉え、女性用風俗としての女性専用性感マッサージをメニューに加えるようにいたしました。癒しのコースのオプションとしてご希望の女性にご提供しています。

女性用風俗を安心してご利用いただくためには、女性用風俗とはなにか、少し知識をつけていただくことも大事だと考え、以下に歴史を含め若干のご説明をさせていただきます。ちょっと理屈っぽい部分もあるので、興味の無い方は飛ばしてくださいませ。

女性用風俗とマーケットセグメンテーション

女性用風俗をセグメンテーションの考えで分析してみた
マーケティングの視点から

女性用風俗とは、女性に対する接客サービスを提供する風俗となります。風俗というと、男性向けが当たり前ですが、日本で最初の女性向けの風俗店は1960年代頃に誕生しています。東京八重洲にあった社交ダンスクラブが経営に行き詰まり、多数の男性ダンサーとダンスフロアーを利用し、中高年女性向けに飲食の接待を行ったことが、今で言うホストクラブの始まりといわれ、はじめての女性向け風俗といえます。

このように、中高年の女性を対象という点が女性用風俗の特徴となります。多くの若い女性が男性による接客サービスに金銭を支払う価値を認めることは難しく、ビジネスとして成立させるには顧客層を高年齢に設定することとなります。マーケティングの古典的な手法に市場セグメンテーションというものがあります。たとえは、年代と性別により顧客(市場)をセグメンテーション(細分化)するという考えです。

  • F1層 : 20~34歳の女性
  • F2層 : 35~49歳の女性
  • F3層 : 50歳以上の女性
  • M1層 : 20~34歳の男性
  • M2層 : 35~49歳の男性
  • M3層 : 50歳以上の男性

ビジネスが成立し成長するためには、F1層やMI層というボリュームゾーンを顧客として取り込むことが重要となります。多くの商品・サービスにおいては、まずはF1/M1層(20~34歳)をターゲットに、その後F2/M2層、さらにはF3/M3層へと顧客層を拡大していくという戦略がをとられるのが一般的です。日本の現在の様々な市場はそういった経路で成長してきました。男性用風俗は、初期において、うまくM1層を取り込み、その後、M2層、M3層へと顧客を広げていく、という成長シナリオが描けたわけです。ところが、女性用風俗では、その初期の段階でF2層が主たる顧客となったため、成長のシナリオを描くのがかなり困難な状況に陥ってしまいました。これが、女性用風俗が発達しなかったひとつの原因といえます。

F1層~F3層といったセグメンテーションとは別に、ニッチ市場(すきま市場)というマーケティングの考えがあります。細分化された小さな市場(ニッチ)に特化された特別なサービスを提供していく、というアプローチです。無料の女性風俗はF1層に特化したサービス、有料の女性用風俗はF2~F3層に特化したサービスとして、まったく別のものである、と考えるのがニッチ市場戦略となります。女性用風俗という一般的に共通するサービスは存在しない、それぞれの市場ニーズに対応したまったく別のサービスが個別に存在する、という考えです。

どんな女性雑誌を読むかで向き不向きのサービスがわかります
女性雑誌と女性用風俗

「無料の女性用風俗」と「有料の女性用風俗」を異なる市場に対応した別のサービス商品との見方を、女性雑誌に例えると、ノンノ non-no を読んている女性は「無料の女性用風俗」向き、ストーリィ STORY やドマーニー Domani を読んている女性は「有料の女性用風俗」向き、となります。以下にもう少し例をあげていきます。

marisol マリソル、precious プレシャス、eclat エクラ、GLOW グロー、クロワッサン etc
がお好きな女性にお勧めは「有料の女性用風俗」

Sweet スィート、SPRING スプリング、美的 BITEKI、クラッシィ CLASSY、ヴェリィ VERY、インレッド InRed、リンネル Liniere、クレア CREA、バイラ BAILA、FRAU、MORE、LUCI、JJ、etc がお好きな女性には「無料の女性用風俗」

無料であれば若い世代にも受け入れられるという傾向があり、実際に、私たちの女性用風俗の無料体験をご利用なさる年代は、学生が多く、また全体としては20代のお客様が大半を占めています。男性の風俗が年代を問わないということと大きく異なる点です。もちろん、AVや性風俗に従事する若年の女性が有料の女性用風俗の典型であるホストクラブにはまる、という例外もあることは付け加えておきます。

女性用風俗の歴史

女性用風俗は社交ダンスクラブがそのもとにあります。
女性用風俗は社交ダンスクラブから始まりました。

既に述べたように、女性用風俗は1960年頃に社交ダンスクラブから派生する形で東京・八重洲で誕生しました。、男性向け風俗が性的嗜好の多様性にあわせ様々な形態に分化してきた一方で、女性向け風俗は、その誕生当時とはあまりスタイルは変わらず、中高年向けホストクラブと一般にはみなされる状態がつい最近まで続いてきました。全国的な広がりもなく、東京でのごく限られたエリア、例えば歌舞伎町や渋谷といったディープな繁華街でのみ、ひっそりと人目をはばかるように営業している存在です。

2000年代に入り、性的サービスを主とした女性向けソープランドが現れたこともありますが、それは一時的なものとして、女性用風俗の全体に何か影響を与えるということもなく、一時的な現象としてまさに泡のように消滅していきました。その突然変異のように出現した女性向けの性的サービスが、どのような風俗であったか、なぜ消えてしまったのか、少しご説明いたします。

女性向けソープランド

女性向けソープランドが博多に誕生
女性向けソープランド

女性用風俗は基本的に男性風俗を模した形態ですが、女性向けソープランドといった男性向けの風俗のような性的なサービスは、女性向け風俗では長くタブーとなっていました。

大きな転換となるかと話題になったのが、2007年に福岡県博多に開店した女性向けソープランドです。サービス内容は男性用ソープランドと同じ。個室にベッド、風呂があり、ソープ・ボーイが女性に「癒しのサービス」をするというもの。料金は90分3万円という価格設定。料金表には無い本番行為を内緒で行っているソープボーイもいて、一万~二万円の別料金をとっていたという体験者の話も伝わっていますが、真偽はわかりません。通常のサービスは、マット洗い、クンニ、指マン、シックスナインやバイブでのサービスといったもの。

ソープボーイ募集は主に店のサイト上の告知で行われ、「経験問わず大歓迎、未経験者もお気軽に」、となっていました。日本初の女性用ソープランドですから、経験のある男性はいるはずがなく、経験問わずというのは当然といえば当然のこと。応募してくるのは、ホストやクラブのボーイといった夜の水商売の若い男性が多かったと言います。ある意味では経験者とうことでしょうか。応募資格は18才〜30才位までという年齢条件のみ。給与は月収100万以上も可能で、完全全額日払い制。1日体験入店OK!、見学だけでもOKです、という点や、新築ビルで、キレイ・落着いた感じのお店ですとアピールするところは、普通の水商売のスタッフ募集と同じです。実際の収入は、休みなく働いて50万円前後だったとか。たとえば、高校を卒業したばかりの何の資格もない男性が、いきなり月50万円の月収を得ることができるのであれば高収入職業と言えるかもしれません。でも、一流大学を卒業して、きちんとした会社に就職すれば、週休2日ですぐにその程度の収入(つまり年収600万円)を得ることができるわけですから、応募してくる男性の層は限られてきます。ソープボーイ応募者には、店の50代後半の女性オーナー(出資者が数名いたようです)が、面接と実技の試験を兼ねた教育を行い、そのうえで、合格か不合格を決定する採用システムです。実技教育とは、実際に女性オーナーに対してソープのサービスをやってみる、というものです。

開店当初はマスコミでも話題になり、全国から中高年女性が来店するという賑わいを見せましたが、地元女性客には敬遠され、わずか8ヶ月で閉店となっています。

閉店の理由として上げられているのが、指名が人気ソープボーイに集中し、その他のソープボーイにはほとんど指名が付かず、結果として店の売上が上がらない、ということにあったとのこと。男性向けのソープランドであれば、人気ソープ嬢の予約がとれなけれな、二番人気、三番人気を選ぶ、という流れになるわけですが、この女性向けソープランドでは、お気に入りのソープボーイでなければ、そもそも利用しない、という事態になってようです。

つまり、男性が風俗を利用する一番の目的が、性的サービスを受けるということにあったのに対し、女性客は、最初こそ性的サービスに目的があったにしても、2度目の利用からは、気に入った男性に会いに来る、という擬似恋愛目的が第一になったということです。

また、女性客の求めるサービスレベルは非常に厳しく、男性向けの風俗と比べてクレームもたいへん多かったそうです。中高年女性にとっても、性的サービスにお金を支払うというのは特別なことという意識があり、特別にお金を払い有料のサービスを受けているのだから、特別な扱いを受けるべきだ、という思いがあったのではないでしょうか。また、男性向けであれば、しつこいクレーム客に対しては、それなりの強い対応も可能なのでしょうが、女性客に対してはソフトな対応に徹する必要があり、クレーム対応でソープボーイや店のスタッフはふり回され、疲弊していったようです。

男性は風俗に多様なサービスを求めます。SMやイメクラ、おっぱいパブといった様々な種類の性的サービスが発生してきた背景には、男性が誰からサービスを受けるかだけでなく、どんな内容のサービスであるか、その趣味的なおもしろさを重視するの傾向にあるのに対し、女性が風俗に求めるものは、擬似恋愛、あるいは精神的な癒しが第一にある、ということです。性的な満足というのは、癒しがあってこそ。そのニーズを見誤ったことが、女性向けソープランドの閉店を招いたといえます。

ただ、これらの事象を、男女の意識の違いに求めるか、あるいは女性向け風俗の市場がいまだ未成熟で、小規模であるので、女性向けソープランドが成立しなかったのか、は見解の分かれる点ではあります。(女性用風俗がなぜ小規模にとどまっているのか、その背景はセグメンテーションの考え方でご説明したとおりです)。おそらくは、その両方であると考えるのが妥当であり、今後、男女の意識の差がより小さくなり、また女性向け風俗の市場も拡大したならば、再び女性向けソープランドが誕生し、今度は成功するかも知れません。

女性用風俗の多様化

多様化の流れは女性用風俗でも起こっています
多様化の流れは止まらない

女性向けソープランドの失敗は、従来の店舗型の女性用風俗においてはホストクラブ以外の形態が難しいということを示しています。一方、インターネットの普及に伴い、主に無店舗型の女性向け風俗という形態が生まれました。インターネットは一般社会のなかで、ニッチ市場向けの様々な特殊なサービスの成立を可能にしました。無店舗型の女性用風俗のひとつは出張ホストといわれる、ホームページを営業の窓口とした女性向けサービスです。サービス内容のメインは、デートとホストクラブではタブーとされる枕営業といわれるセックスとなります。セックスという直接的な言葉を避けるために、性感マッサージをサービス内容とするのが一般的です。これは、出張ホストも風営法の適用となるため、セックスをサービス内容と表立っていうことができない、という事情もあります。

女性向けの性感マッサージ

女性用性感マッサージという新たな女性用風俗
女性のための性感マッサージという新たな風俗の形態

ホストクラブとは別の流れとして、整体師や鍼灸あんま師が、性感マッサージを提供する、という形の女性用風俗も生まれてきています。こちらには、店舗スタイルと出張マッサージのスタイルがあり、後者については、出張ホストとサービス内容が同一である、ということが多くなってきています。

鍼灸あん摩や整体といった業界においては、年間で数件、女性客に対する性的な犯罪が発生しています。女性客に対し性的な興奮を覚えるマッサージ師や整体師が存在した、ということです。鍼灸あんま師による最近のわいせつ犯罪としては、不妊治療を装いわいせつな行為を行う、といった悪質なケース、また整体師が、治療と称し睡眠薬入りのジュースを患者に飲ませ強姦し、かつその様子をビデオにとる、という犯罪も報道されています。柔道整復師が腰に持病があった患者に対し勤務する整骨院で「症状が悪い。マッサージするから服を脱ぐように」と言って女性の胸や下腹部を触った疑いで逮捕されたということも報道にあります。そういった一般の治療院や接骨院での「わいせつ行為」の報道に接すると、マッサージ業界から女性向け風俗が派生してきたものなんとなく理解できるような気がします。

もうひとつの流れが、インターネットにおける出会い系サイトを利用する男性が、出張ホストや性感マッサージのサービスを有料で女性に提供する、というものです。マッサージは誰でもができると言えばできるため、女性用風俗を始める者が一気に広がったわけです。中には専用のサイトを開設し客を募るようになったものもいます。料金は様々で交通費やホテル代の実費を請求するが施術は無料とする場合、施術含め高額な料金を請求する場合があります。料金とサービスのレベルが見合うかどうかの保証は一切なく、また安全すら保障されるものでないと言えます。また、個人で匿名で運営しているため、悪い評判が立つと短期間でサイトを変え、新たに商売を始める、というパターンもあります。

性的サービスの値段

女性用風俗で受けれる性的サービスの値段
女性用風俗の値段

料金とサービスが比例しない、というのが女性向け風俗における特徴です。高い料金を設定している女性用風俗が満足できるサービスを提供できるか、ということはありません。それは、サービスの質を評価する基準が、個々の女性客によって大きく異なることに起因します。性的なサービスに重きをおくのか、癒しを重視するのか、ということももちろんありますが、そもそも接客サービスですので、相性あるいは好みに依存する部分が大きいということにあります。評判というのは個々の女性客の主観によって構築されていくわけですが、どのような女性客が言っている評価なのか、という部分がわからなければ、評判そのものは参考にもならない、といえます。この女性用風俗に関しての様々な口コミや評判ということに関しては、別に項目を設け、記述する予定です。

ここで繰り返し強調したいことは、女性用風俗においては、高価格=高品質ではない、という点です。価格と品質は無関係であると言い切って差し支えないと考えます。もし、高価格で質の高いサービスを受けたご経験がおありなら、それはたまたまだったと考えるのが良いでしょう。

無料の女性用風俗

無料のサービスもある女性用風俗
えっ!! 無料??

冒頭にも申し上げていますが、女性用風俗における性的サービスを無料で提供している男性も存在します。

私たちのアロマテラピーサークルも無料で提供しています。ですので、あまり無料につき、多くを書くと宣伝と理解されかねないので、簡単に無料の女性用風俗をご利用されるにあたっての注意事項につき、以下に記述をします。なお、無料の女性用風俗は圧倒的に性感マッサージが多いので、それについて述べます。

まず、無料か有料かによって、安全性に関しての違いは全くありません。無料であれ、有料であれ、料金以前に注意すべきなのは、セラピストが信頼に足る人間か、ということでしょう。風俗という不安定な職業についている人間を信頼していいのか、ということでもあります。私たちのサークルは、風俗を仕事としていませんし、安定した社会的に認められた職業についています。であるからこそ、無料で女性用風俗を提供できています。

女性向けソープボーイの収入は最大で50万円であったとは前述のとおりです。年収で600万円となります。大学あるいは大学院を卒業し、きちんとした職業につけば数年で得られる年収レベルです。職業として女性向け風俗を選ぶ、という選択は常識ある社会人には思いつかないのではないでしょうか?有料で女性用風俗を提供する、つまり風俗業を営む者と、普通の社会生活を大事にしながらを無料でボランティアとして女性用風俗を提供する者との違いは、その価値観にあるのであって、決してサービスレベルにあるのではない、ということです。有料だから、無料だから、ということよりも、どのような男性がサービスを提供しているのか、お客様の感じる安全や安心といった感覚を共有できる同質の社会に属する者かどうか、そこを十分に判断されることが何よりも大事である、とお伝えしたいと考えています。

広告

女性用風俗とは?」への34件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中