不感症治療の方法

不感症に一人で悩む女性のための性感マッサージ
不感症に悩む女性は多いのです。

不感症とは、女性がセックスにおいて快感を感じないことを言います。彼氏とセックスをして気持ちは盛り上がっているのに、やさしい愛撫を受けているのに、気持ちいいとは思えないし感じない。バストや乳首、性器やクリトリスを愛撫されても感じないか痛いだけという状態を言います。冷感症とも言われますが、不感症という言葉が一般的です。隠語として「マグロ」という言葉で不感症を指すこともあります。性的に快感を感じない、といっても、まったく何も感じないという状態から、気持ちはいいけれどオーガズムを得られない、つまりイケない、という場合まで様々です。

オーガズムを得られない、あるいは濡れてこない、というだけでは不感症とまで言う必要はないかもしれせん。気持ちよくても濡れない女性は多いですし、感じるけれどオーガズムを得られない女性はさらに多いのです。そういった場合では、不感症の治療というよりも、セックスの方法において工夫をすることで改善が可能です。

不感症とは、正確に定義するのであれば、「性的に感じない」という状態が常に、もしくは頻繁にあることを意味します。医学用語ではありませんので、婦人科を含め病院では対応が難しい悩みです。『自分は病気なのだ』と思い悩む前に、原因を知ることも大切なことだと思います。そして治し方を探し治療に取り組み、不感症を治すことが出来ると信じましょう。

不感症の様々な悩み

イケない悩みや感じない悩み
なぜイケないの?

不感症はさまざまな女性の悩みに繋がっていきます。一生懸命彼が愛撫してくれるのに感じないことから彼に申し訳ない気持ちになる、彼に申し訳ないから感じているふり、演技をしてしまい、彼は喜んでくれても自分はなんだか悲しい気持ちになってしまう。人に相談しにくい悩みであるため、一人で深く思い悩んでしまっている女性が多いようです。また自分ではそう思っていないのに、パートナーに『不感症なんじゃないの?』などと言われ傷つき、悩んでいる方もいらっしゃいます。無神経な男性によっては、イケない女性や濡れにくい女性に対して、「不感症じゃないの?」と言い放つこともあるようです。ほとんどの場合、男性の独りよがりなセックスに原因があるにも関わらずです。男性に対してオマエが下手なんだろうって言い返せば良いのですが、それが言えずに、自分が悪い、と思いこむ女性もたいへん多いのです。以下が、女性の不感症における代表的な悩みです。

  • 愛撫されても快感が得られない
  • クリトリスしか感じない
  • 挿入されても快感が得られない、中が気持ち良くない
  • 挿入ではイケない、感じない
  • オーガズムを経験したことがない、イケない

私は不感症です。
その事実を突きつけられるようで、自分の体に触れられることが嫌で嫌で仕方ない。対する彼氏は並でなく性欲が強い人間です。彼は、私が不感症だと告白したときからずっと私を傷つけまいと必死でその性欲を抑える努力をしてくれました。

でも、今日、病院にいって治療をするか、別れるかという2択を迫られました。治るまでは会わない、と。
これから先、彼とどう接していけばいいのかわかりません。彼は我慢するごとに溜まるストレスに、本当に苦しんでいるようです。彼のために、私はなにをしてあげられるのでしょうか。体を差し出すことだけしか解決策はないんでしょうか。
不感症の私と性欲の強い彼のつきあいかた(教えてgoo! 恋愛相談)

挿入では感じない、イケないという悩み

挿入で感じない、イケないという悩みもあります。前戯ではいくらか感じることができるけれども、いざ挿入されると感じない。パートナーの物理的な動きは認識できるけれども、快感にはつながらない。初体験や、性体験が少ない女性だけでなく、十分に女性として成熟し、また性体験をもっていても挿入では膣内は感じない場合があります。

挿入では感じない、というのはむしろ当たり前のことです。膣内にはあまり神経が無いので、もともと感じにくい部分です。挿入されることで、振動を感じる、その振動と気持ちいいという感覚が経験のなかで結びついていくことで挿入が気持ち良い、となるのです。挿入が気持ちよいというのは、脳の学習の成果、ということです。従い、その学習をステップを踏んで行っていけば、挿入で感じるようになります。

また、濡れないという悩みのご相談も多くあります。セックスにおいて濡れにくい女性は、濡れていない状態で挿入されると、当然ですが痛みを感じることになり、快感どころではなくなります。また、濡れてはいても、挿入されると苦痛を感じる場合もあります。

濡れない場合は、無理をしないことが大事です。濡れるまで挿入しない、というのが基本です。それでも挿入したいというときは、やさしく丁寧にクリニングスをするか、ゼリーを使うのも良いでしょう。経験的に言えば、濡れにくい女性でも、時間をかけてやさしく愛撫をすれば、ある程度は濡れてくるようです。

大好きな彼とのエッチでイケません。彼とのエッチは嬉しいし感じているのに…。イケなくて彼が申し訳なさそうにしているのが、余計に申し訳なくてたまりません。私がイケない身体なのか、やり方が悪いのか。どうしたらイケるようになりますか?
どうしてもイケない…。オーガズムを感じられる身体になる方法(ハウコレ)

オーガズムを経験したことがない、イケない

イケない、という女性は非常に多いということをご存知でしたか?グローバルな調査によれば、毎回のセックスで32%の女性しか、オーガズムを得ることができないとのことです。日本だけで見ると、これが11%にまで低下します。つまり、日本の女性の9割がセックスでオーガズムを得ていない、ということです。( Durex Sexual Wellbeing Survey がソース。)

本調査では、毎回のセックスでイケているか、という質問ですので、オーガズムの経験を問うものではありません。しかし、オーガズムを感じられない、という答えが9割を占めることから、オーガズムの経験そのものの割合も相当低いことが推定されます。

前戯や挿入では感じるし、興奮もするけれどもオーガズムの経験がない、イケない。自分でオナニーをすればイケるのに彼とのセックスではイケない。彼に悪いから逝ったフリをしてしまうけれど嘘をついているようでつらい、という悩みは多いようです。イケそうでイケない状態にイライラするという女性もいますし、イケないので性的欲求が解消できずイライラが続く、眠れないという女性もいます。女性でオーガズムの経験が無いと言う人は意外と多いようです。心理的にオーガズムに至る直前に恐怖感を感じてしまい、知らず知らずのうちに自分で制御してしまうということもあるようです。 セックス自体が気持ちいいのであれば、オーガズムが無い=不感症とは言えないのですが、やはりオーガズムを得られないのは女性にとって大きな悩みとなります。

性感帯とは感じる部位のこと

性感帯は女性に異なります。
性感帯は女性により異なります。

不感症を理解するには、感じるという感覚(性感)について知る必要があります。

性感とは、本来は人間には備わっていないものです。感じない、性感のない、不感症であという状態がそもそもの生まれながらの人間ということになります。例えば、膣内は神経があまりとおっていないため、もともと感じにくい部位です。

例えば性感帯ってどこですか?という質問に対しての答えは、・・・・・

  1. クリトリス
  2. 陰部
  3. バスト
  4. 乳首(バストトップ)
  5. デコルテ
  6. 耳もと
  7. 首筋
  8. 背中

と女性によって様々であり、性感の場所、性的に感じる場所は人により多種多様であることがわかります。また同じ女性であっても、10代の時には乳首が一番感じたけれども、20代後半の今では乳首はほとんど感じない、でも背中や首筋はとても感じる、というように性感帯の場所が変わっていく方もいます。つまり、女性には性感という絶対的な感覚は存在していないということです。

人間には温覚、痛覚、触覚、深部覚の4つの感覚があります。性感とはこれらの感覚を「性的に気持ちいい」「感じる」と思い込んでいるだけなのです。思い込む つまり、頭で感じることが性感ということになりますね。もう少し、詩的な言い方をするのであれば、心で感じる、それが性感です。温覚、痛覚、触覚、深部覚は人間誰にも備わっていて、性感とはそれらの感覚から生まれるものである以上、不感症は必ず直るものともいえます。

私たちの不感症の治療としての性感マッサージは、感じることを学ぶレッスンだとご理解ください。半分の女子が初回だけで感じることを学ぶことができるようになっています。残りの半分の方も、数回でとても感じる体になっています。

不感症の原因

不感症の原因
不感症の原因の多くは男性の側にあります。

不感症の原因は、パートナーである男性にある場合と女性の方にある場合、またはその両方である場合に分けることができます。性感マッサージを不感症の治療としてお勧めする理由は、不感症の原因がその3つのどれなのか、その確認が容易にでき、その後の具体的な治し方を見つけやすいからです。

また、心理的な原因についても探る必要があります。例えば、人格形成する成長の過程での経験や環境の影響により不感症がもたらされる場合があります。また、精神障害や発達障害が原因となっていることもあります。うつ病の治療を受けている場合、薬の副作用が原因と思われる場合もあります。不感症の背景に何らかの精神的、肉体的な疾病が潜んでいる可能性がある場合は、病院での診察を受診されることをおススメいたします。

しなしながら、経験的に申し上げると、不感症の原因は恵まれた性体験の欠如にある場合がほとんどです。初体験から感じる、という女性ももちろんいらっしゃいますが、そういう方はごく少数で、ほとんどの女性は経験を重ねるなかで、徐々に感じるという感覚を育んでいきます。その過程において、豊かな(数が多いということとは関係がありません)性体験をもつことができたか、が感じるかどうかに大きな影響を与えるようです。

不感症を治す方法、治療について

不感症の治療方法として性感マッサージをおすすめします。
不感症は治療が可能です

不感症を治す方法をネットで探すと、数万円でどうすれば治るか教えます、というようなかなり怪しげな情報がたくさんでてきます。本当に、お金をだせば治るのでしょうか?医療においては、診断→治療というステップが原則です。つまり、診断により原因を特定し、治療方針を決定する、ということです。症状だけで、治療方法を決定することは間違っていますし、確実に治すということはできません。(もちろん、偶然に治ってしまった、ということはあるかもしれませんが)。

既にご説明のとおり、不感症といってもさまざまです。一番多いのは、「性交時痛」です。これは性交時に痛みを感じるもので、婦人科系の疾患が潜んでいることもあります。もし、セックスの際に痛みを感じるのでしたら、婦人科を受診すべきです。そこで問題ない、となった場合は、私たちにご相談いただくものひとつの解決になると思います。「オーガズムに達しない」とか「クリトリスへの愛撫では感じるけれど、膣では感じない」という悩み、また彼に「不感症じゃないの?」と言われたとか。濡れないと言われたとか、そういった場合も私たちがご相談をお受けできます。不感症を治す方法には様々なアプローチがありますが、私たちの治療は性感マッサージを通じてとなります。もちろん、パートナーとしっかり話合い、二人で治し方を探していく、というのも大事ですね。

女性の身体はデリケートです。冷え性で感じることが出来なかったり、ホルモンバランスが崩れてもそういうことがおきてしまったりします。またパートナーとのコミュニケーション不足も考えられますね。身体を温める努力や彼と話し合うなども試みてみると良いでしょう。またパートナーの動きが激しすぎるなど、自分の快感のツボと合っていない場合もあるでしょう。未成熟はこれから徐々に成熟にいたる可能性も高いですしあまり焦らないことです。濡れにくいなどはローションなどのラブコスメを利用してみるのも良いでしょう。

病院で治療するなら何科?

不感症を病院で治療するなら婦人科となります。ただ、婦人科であれば治療できるかというと、そういうわけではありません。医学部でもセックスに関する系統だった講義があるわけだはなく、一般の婦人科の医師では、比較的自分の経験談で答えていることも多いようです。不感症に対する医学としての知識と治療経験のある医者でなければ、効果は期待できないでしょう。残念なことに、そういった婦人科の医者はほとんどいないのが現状です。日本性科学会というお医者さんの真面目な団体がありますので、そちらの会員であるお医者さんを受診してみるというのもよいかもしれません。セックスレス、性生活、性機能障害、性欲低下、性嫌悪症、オルガスム障害といった性に関する様々な悩みを相談できます。女医さんも多く所属されています。セックスカウンセリング 性の悩みの相談室も日本性科学会では運営しています。臨床心理士による専門的なカウンセリングですので、まずそちらで相談をしてから治療の方向性を決めていくのがよいでしょう。

「女医が教える本当に気持ちのいいセックス」 宋美玄 著
女医が教える本当に気持ちのいいセックス

女医さんによるセックスに関する啓蒙書も出版されています。

女医が教える 本当に気持ちのいいセックスは、女医であり性科学者でもある宋美玄先生による信頼できる書籍です。ネットで出回っている、「不感症を治す方法」よりはるかに有益な情報を得ることができます。不感症で悩んでいる女性に一読をおすすめします。なお、宋美玄先生は、日本性科学会の学会員でもあります。

本書を読んで「びっくり」とか、初めて知る、という情報はほとんどないでしょう。常識的なことが書かれているだけです。実は、大事なことはそこにあって、セックスにおいて大事なのは、ごくごく常識的なことを踏まえておく、という単純なことです。友人からの口コミやネットでの怪しい情報に振り回されないためにも、常識をしっかり確認しておきましょう。

私たちの性感マッサージも本書と同様に、オカルトやマジックのような方法をお勧めするのではありません。インドで古くから伝わる秘儀!だとか、秘孔をつけばアっというまに昇天とか、タントラがどうだとか、おっさん系週刊誌の漫画かよっ!て突っ込まれそうなことは決して言いません。ごくごく常識的に、女性の心と体を大事に扱うことをスタートに、性感を開発していきます。女性の心と体を大事にする、実はそのことができない男性が多いので、不感症で悩む女性が多いのでは、と私たちは感じています。

広告

不感症治療の方法」への34件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中